« アメリカのアタマジラミ | メイン | 中国の肝癌は世界一 »

若年性ミオクローヌスてんかん

若年性ミオクローヌスてんかん(JME)は一般的なタイプのてんかんで、通常12-18歳で症状が出現します。しばしば思春期に発現します。JMEはてんかん全体の10%を占めます。

出典: UCB Pharma社 Keppra (levetiracetam) の適応にミオクローヌス発作を追加するための許可申請をアメリカFDAに提出

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/211

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)