« T細胞急性リンパ性白血病とT細胞リンパ性白血病のアメリカでの発現率 | メイン | 統合失調症の遺伝 »

アルコール中毒患者の喫煙率

アメリカにおいてアルコール中毒患者の最大87%が喫煙していると推定されています。これは、最大30%というアメリカ人の喫煙率よりもだいぶ高くなっています。

アル中でなくても普通のアメリカ人も結構吸っています。フィリップモリスが儲かるわけです。

出典:アルコール中毒患者の神経認知機能低下には喫煙が関与している

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/218

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)