« 全世界での心房細動発現数 | メイン | 日本の皮膚科マーケット »

整形外科手術にともなう黄色ブドウ球菌感染治療コスト

整形外科手術は黄色ブドウ球菌感染のリスクが高い手術です。この治療集団において、黄色ブドウ球菌感染の治療にかかるコストは2005年で1人あたり56,000ドルでした。

出典:Nabi社 人工器官インプラントを伴う整形外科手術患者を対象にしたStaphVAX (Staphylococcus aureus Polysaccharide Conjugate Vaccine) の免疫原性確認試験でプライマリーエンドポイントを達成

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/196

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)