« アルコール中毒患者の喫煙率 | メイン | 急性リンパ性白血病の2005年の発現数 »

統合失調症の遺伝

統合失調症は100人に1人の割合で発現すると推定されています。上述したように統合失調症は遺伝することが知られており、統合失調症患者に近い親族ではこの病気を発現するリスクが10%上昇します。また一方が統合失調症で合った場合、もう一方がこの病気を発現するリスクは47%上昇します。

英国において統合失調症にかかる年間の医療費は26億ポンドを超えると推定されています。

出典:COMT活性が低下する遺伝子を有する小児は統合失調症になりやすい

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/219

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)