« 利害の対立が明記されていたガイドラインの数 | メイン | 勃起不全薬で問題となっている非動脈性前部虚血性視神経症(NAION:Non-Arteritic Anterior Ischemic Optic Neuropathy)」の発現率 »

アメリカでの卵巣癌

卵巣癌は婦人科癌の中で最も致死性が高い癌で、アメリカでの女性において、癌に関連した死因として5番目に多くなっています。アメリカで毎年25,400件の新たな卵巣癌が発現しており、この病気のせいで毎年14,300人が死亡しています。

出典:Marshall Edwards社 卵巣癌・子宮頸癌・膣癌を対象にしたPhenoxodiolの試験で良好な結果が得られた

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/201

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)