« アメリカの乾癬患者数 | メイン | アルコール中毒患者の喫煙率 »

T細胞急性リンパ性白血病とT細胞リンパ性白血病のアメリカでの発現率

アメリカでは毎年1600人がT細胞急性リンパ性白血病またはT細胞リンパ性白血病と診断されています。T細胞急性リンパ性白血病またはT細胞リンパ性白血病のうち、再発または治療抵抗性を示す患者集団が存在します。これらの患者集団の標準療法は存在せず、したがって予後もよくありません。

出典:GlaxoSmithKline社 難治性のT細胞急性リンパ性白血病とT細胞リンパ性白血病の治療薬としてARRANON (nelarabine) がアメリカFDAに承認された

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/217

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)