« 統合失調症の遺伝 | メイン | アメリカでの静脈穿刺処置数と局所麻酔の処置率 »

急性リンパ性白血病の2005年の発現数

2005年中にアメリカでは新たに35,000件の白血病が発現すると予想されています。そのうち4000件が急性リンパ性白血病(ALL)と推定されています。ALL患者の多くは小児ですが、新規発症の1/3は大人に起きると推定されています。

出典:Enzon社 抗癌剤候補・ONCASPAR (pegaspargase) に関するsanofi-aventis社との提携内容を変更

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/220

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)