« 抗癌剤マーケットの成長率 | メイン | 良性前立腺過形成と勃起不全(ED)の併発率 »

良性前立腺過形成(BPH)の患者数

BPHは非癌性で前立腺が肥大する症状で、50歳以上の男性によく発現します。前立腺の肥大によって尿道が狭まり、徐々に排尿が困難になってきます。前立腺の肥大はテストステロンがコントロールしています。アメリカNational Institutes of Healthによると、60歳以上の男性の50%以上、70歳以上になると実に90%以上の男性がBPHを被ると推定されています。

出典:AEterna Zentaris社 良性前立腺過形成(BPH)を対象にしたozarelix (D-63153) のプラセボ対照第2相試験の患者組み入れが完了

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/251

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)