« 失読症の患者数 | メイン | レストレスレッグス症候群の患者数 »

膠芽細胞腫の発現率

GBMは脳腫瘍の中で最も一般的な癌で、人癌の中で最も治療しにくい癌です。アメリカで毎年発現する17,500件の脳腫瘍の多くは膠芽細胞腫で、生存期間中央値は9-12ヶ月で5年生存率は1-5%です。

出典:EphA2は多形性膠芽腫細胞の分子治療の新たな標的として有望

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/229

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)