« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月31日

低ナトリウム血症の発現率

毎年、アメリカの入院患者の最大4%が低ナトリウム血症を患っていると推定されています。

低ナトリウム血症患者の多くは無症状ですが、重症となると、脳の浮腫、呼吸停止、死亡等が起きる危険があります。血液量過多の低ナトリウム血症は、ナトリウムレベルは殆ど上昇せずに体内総水分量が上昇したときに起きる症状で、しばしば癌、甲状腺機能低下症等に伴って生じます。また、抗うつ薬などの特定の薬剤の使用により生じる場合があります。

出典:アステラス製薬 血液量が正常な低ナトリウム血症の治療薬としてアルギニン・バソプレシンアンタゴニスト・VAPRISOL (YM087, conivaptan hydrochloride注射剤) がアメリカFDAに承認された

2005年12月28日

二日酔いによる経済損失

二日酔いは経済・健康衛生に対して多大な影響を及ぼしており、英国では二日酔いが原因で毎年20億ポンドの経済損失が生じていると推定されています。この経済損失の大部分の理由は病欠です。飲みすぎの割合が増えていることから、経済損失の数字はより増加すると考えられています。

出典:二日酔いの特効薬はない

2005年12月23日

アレルギーの数

FDAの推定では、大人の2%、小児の5%が食品アレルギーを被っています。毎年およそ3万人が食品アレルギーで救急治療室に運ばれ、150人が死亡していると推定されています。

出典:アレルギー誘発食品を明示することを義務付けるアメリカ連邦法が1月1日に施行される

大腸癌のリスクを半分に減らすのに必要なビタミンD摂取量

もしアメリカ人全員に1000IU/日のビタミンDを供給するとしたら、年間のコストは50億ドルとなります。このプログラムが実行された場合、毎年28,000人の死亡を防げることになります

出典:ビタミンDを1000IU/日(25μg/日)を毎日経口摂取すると結腸直腸癌の発現リスクが半分に低下する

2005年12月22日

錠剤の嚥下に困難を感じている患者の割合

アメリカ人を対象にした調査では、患者のおよそ40%が錠剤の嚥下で困難を感じているという結果となっています。

出典:Biovail社 抗うつ薬・citalopram hydrobromideの口腔内崩壊錠がアメリカFDAに承認された

クロストリジウム・ディフィシレのアメリカでの医療費

C. difficileは下痢や大腸炎を引き起こす芽胞形成性細菌です。今までは、CDADを患うのは主に抗生物質の使用経験者または入院経験者と考えられてきましたが、最近では抗生物質や入院の経験がなくてもCDADを発現する場合があることが知られています。

アメリカでは毎年40-50万人にCDADが発現し、CDADに対する年間の病院費用はおよそ11億ドルと推定されています。

出典:Oscient社 クロストリジウム・ディフィシレ(C. difficile)関連疾患(CDAD)を対象にしたRamoplaninの第3相臨床試験プログラムに関してアメリカFDAとSpecial Protocol Assessment (SPA) で合意

タバコに関連した死亡者数、医療費

WHOによると、喫煙に関連した病気が原因となって8秒間に一人が死亡していっています。自主的な禁煙が1年以上続く割合は7%未満であり、大部分は数週間で再び吸い始めてしまいます。現在の割合で喫煙人口が増加すると仮定すると、2020年までには1年間に喫煙関連疾患で死亡する人の割合は500万人から1000万人に増加すると想定されています。

アメリカで、1年間に喫煙に罹る医療費はおよそ1500万ドルにのぼると推定されています。

出典:Pfizer社 承認申請した禁煙薬・Champix(varenicline tartrate)がアメリカFDAから優先審査対象に指定された

2005年12月21日

呼吸器抗生物質マーケットとマクロライドのシェア

2002年の全世界での呼吸器抗生物質マーケットはおよおそ120億ドルでした。マクロライド、βラクタム、キノロンの3種類の抗生物質が呼吸器抗生物質マーケットを独占しています。

2003年の全世界でのマクロライド抗生物質の売り上げはおよそ40億ドルでした。2000年の全抗生物質の売り上げのうち、マクロライド系が20%を占めています。この割合は今後も維持される見込みです。

出典:Enanta社 抗生物質・EDP-420の日本での第2相試験開始を受けて、塩野義製薬から達成報奨金を受け取った

2005年12月18日

アメリカでの子宮筋腫患者数

National Uterine Fibroid Foundationによると、アメリカ人女性の実に80%が子宮筋腫を患っており、子宮筋腫女性の4人に1人は治療が必要なほど重症と推定されています。Endometriosis Associationは、アメリカとカナダでの子宮筋腫患者は550万人と推定しています。

出典:Zonagen社 アメリカでのProellexの治験許可申請(IND)が12月14日に有効となった

2005年12月14日

ロタウイルス感染の発現数

ロタウイルスは主に小児に下痢と嘔吐を引き起こします。重症の場合には、下痢や嘔吐により脱水症状や死を招く恐れがあります。このウイルスが原因で毎年およそ50万人が死亡しており、その大部分は発展途上国で起きています。アメリカではロタウイルス感染によって毎年およそ50万人が入院しており、20-40人が死亡しています。

出典:FDA Merck社の経口ロタウイルスワクチン・ROTATEQの試験データに対する見解をWEBサイト上に公表

多発性骨髄腫の発現数

多発性骨髄腫は2番目に多い血液癌です。平均発症年齢は65-70歳であり、高齢者に多い疾患ですが、最近はより若年での発症例が増えてきています。アメリカでは、45,000-50,000人以上が多発性骨髄腫を患っており、毎年新たに15,000人以上が多発性骨髄腫と診断されています。世界では毎年74,000人が多発性骨髄腫を患い、毎年45,000人以上が多発性骨髄腫でが死亡しています。

出典:Millennium社 未治療多発性骨髄腫患者を対象にしたVELCADEの臨床試験で良好な結果が得られた

白金製剤の売り上げ

2004年の白金製剤の売り上げは22億ドルを超えていました。

販売されている白金製剤は全て静注ですが、Spectrum Pharmaceuticals社は経口投与できる白金製剤・satraplatinを開発しています。

出典:Spectrum社 ホルモン耐性前立腺癌を対象にしたsatraplatinの第3相試験の3回目の安全性データ途中解析が実施された

2005年12月07日

鼻腔投与ステロイド製剤のマーケット

鼻腔投与ステロイド製剤のアメリカでの年間マーケットはおよそ26億ドルと推定されています。このマーケットの主要な競争相手は非鎮静経口抗ヒスタミン処方製剤です。非鎮静経口抗ヒスタミン処方製剤のアメリカでの年間マーケットは40億ドルを超えています。Collegium社は、今後数年で、非鎮静の抗ヒスタミン処方製剤はOTCマーケットに統合され、この統合により鼻腔投与ステロイドマーケットの拡大が見込めると考えています。

出典:Accentia社 鼻腔投与ステロイドスプレー製剤を季節性・永続性のアレルギー性鼻炎の治療薬としてアメリカで販売する権利をCollegium社から独占的にライセンス

2005年12月06日

英国での栄養飲料・刺激性飲料のマーケット

Mintelの報告によると、栄養飲料・刺激性飲料のUKでの2005年の売り上げは10億ポンドを達成すると見積もられています。2000年以来75%上昇したことになります。

出典:コーヒー2杯分のカフェインは短期記憶を改善する

2005年12月02日

アメリカでの透析患者の動静脈アクセス不良の現状

現在、アメリカには440万人の末期腎障害患者がいると推定されています。このうち25万人が血液透析をうけ、その半数は血液透析に必要な合成血管を移植しています。しかし、合成血管は、傷が出来てしまうことから開通性で満足な成果が得られていません。移植後1年時点で移植血管が開通している割合は僅かに50%、2年目ではたったの25%です。これらの移植の失敗にかかる医療費は55,000ドルもします。アメリカでの末期腎疾患患者の入院のおよそ20%は動静脈アクセス不良が原因であり、動静脈アクセス不良による病的状態に対して年間10億ドル以上のコストがかかっています。

出典:Angiotech社 Edwards Lifesciences社からのLifespan ePTFE血管移植片事業の買収が完了

2005年12月01日

複雑性腹腔内感染症の患者数

複雑性腹腔内感染症は、腹部の病気、外傷、手術などで消化管のバクテリアが周囲組織にリークしてしまうことが原因で起きる病気です。アメリカで毎年およそ350万人が複雑性腹腔内感染症を発現しており、虫垂炎からの2次的な感染として発現する場合が多くなっています。

出典:Bayer社 複雑性腹腔内感染症(complicated intra-abdominal infections)の治療薬として抗生物質・Avelox(moxifloxacin HCl)がアメリカFDAに承認された