« アメリカでの片頭痛患者数 | メイン | アメリカでの透析患者の動静脈アクセス不良の現状 »

複雑性腹腔内感染症の患者数

複雑性腹腔内感染症は、腹部の病気、外傷、手術などで消化管のバクテリアが周囲組織にリークしてしまうことが原因で起きる病気です。アメリカで毎年およそ350万人が複雑性腹腔内感染症を発現しており、虫垂炎からの2次的な感染として発現する場合が多くなっています。

出典:Bayer社 複雑性腹腔内感染症(complicated intra-abdominal infections)の治療薬として抗生物質・Avelox(moxifloxacin HCl)がアメリカFDAに承認された

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/260

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)