« 多発性骨髄腫の発現数 | メイン | アメリカでの子宮筋腫患者数 »

ロタウイルス感染の発現数

ロタウイルスは主に小児に下痢と嘔吐を引き起こします。重症の場合には、下痢や嘔吐により脱水症状や死を招く恐れがあります。このウイルスが原因で毎年およそ50万人が死亡しており、その大部分は発展途上国で起きています。アメリカではロタウイルス感染によって毎年およそ50万人が入院しており、20-40人が死亡しています。

出典:FDA Merck社の経口ロタウイルスワクチン・ROTATEQの試験データに対する見解をWEBサイト上に公表

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/266

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)