« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

癌とアルコール

口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌、肝臓癌、大腸癌、結腸癌、直腸癌、乳癌がアルコール摂取と関連することが分かっています。また膵癌と肺癌もアルコール摂取と関連する可能性があります。

WHOの推計では、2000年に先進国において男性では185,000人、女性では142,000人がアルコールで死亡しました。一方男性では71,000人、女性では277,000人がアルコールで命が救われたとWHOは推定しています。

出典:癌とアルコール

2006年01月27日

エキナシア(エキナセア、Echinacea)のマーケット

2004年のアメリカでのエキナシア製品の売り上げは1億7320万ドルでした。

一方ドイツでは1億740万ドルでした。エキナシアの風邪予防・治療作用が、このマーケットの拡大の鍵を握っています。

出典:エキナシア製品の有効性は一定ではない

2006年01月26日

処方箋なしで買える喘息用の吸入剤の売り上げ

Wyeth Consumer Healthcareは、アメリカ人のおよそ300万人が喘息にPrimatene Mistを使用していると推定しています。

このうち2/3は処方が必要な吸入剤を使っていますが、予備としてPrimatene Mistも使用しているようです。また、Wyethによると、およそ70万人の喘息患者は、処方薬が手に入れられない、または保険がきかないなどの理由でPrimatene Mistだけに頼っているとのことです。

Wyeth社はアドレナリン吸入剤の最大の製造メーカーです。昨年のWyeth社のアドレナリン吸入剤の売り上げは4300万ドルでした。この吸入剤は気道を拡げて喘鳴、息切れ、呼吸困難等を緩和します。

出典:FDA諮問委員会 処方箋なしで買える喘息用の吸入剤の販売禁止を支持

女性の受精能力

平均的に、女性の受精能力は35歳ごろから急激に低下します。

しかし、それよりずっと前に受精能力が低下してしまう女性がいます。

およそ100人に1人は40歳前に閉経を迎えていますが、これらの女性では、早い閉経よりもさらに早くから受精能力は低下しています。

出典:女性の受精能力を調べられるテストが発売された

2006年01月24日

第衆子のマーケットポテンシャル

第9因子製剤の全世界での年間のマーケットポテンシャルは6億ドルを超えると推定されています。

出典:Biovitrum社とSyntonix社 B型血友病の治療薬としてSyntonix社の持続型の組み換え第9因子を協同開発・販売することで提携

細菌性膣炎

細菌性膣炎は、正常状態である乳酸菌が優勢な細菌相がガルドネレラ・バジナリスと嫌気性微生物に置き換わってしまうことが原因で起きる疾患です。

細菌性膣炎は、出産年齢の女性の15-25%に認められ、性感染症クリニックを訪問する女性の最大60%に細菌性膣炎が認められます。細菌性膣炎はHIVの感染・伝染のリスクも高めます。

出典:Polydex社 細菌性膣炎の女性を対象にして殺菌ゲル製剤・Cellulose Sulphate(Ushercell)のランダム化第2相試験を開始

2006年01月22日

冠疾患にかかる医療費

アメリカでは、男女共に冠疾患は単独の死亡原因の首位となっています。

2006年11月11日のCirculation誌に発表された報告によると、アメリカでの冠疾患にかかる医療費は直接・間接を含めて1425億ドルにのぼると推定されています

出典:植物から血栓予防物質が単離、合成された

オメガ3とオメガ6脂肪酸の割合

オメガ3とオメガ6は細胞膜の成分であり、このバランスがメッセンジャー分子の神経細胞の透過性に影響を与えることが知られています。

魚の摂取量が少なく、オメガ6が豊富な野菜オイルの摂取量が多いアメリカ人の細胞の膜はオメガ3とオメガ6が20:80の割合で存在します。一方日本人のオメガ3とオメガ6の割合は40:60です。アメリカ人の細胞よりも日本人型の細胞の方がメッセンジャー分子に対してより感受性が高いこと考えられています。

出典:頭の良い子供が欲しければオメガ3脂肪酸を摂りなはれ

誤診

新たに診断された患者が最初に直面する問題は誤診です。

しかしながら、セカンドオピニオンを求めるとか、専門医の診察を受けるとか、更に詳細な医学テストを受けるとか、自分の状況に関する情報を検索してみるなどの行動をすることについては慎重になる人が多いです。

癌の組織生検での誤診割合は1.4%、救急医療での誤診は20-40%にも上ります。また患者を対象にしたサーベイでは、誤診は8-40%の確率でおきる可能性があるという結果が得られています。

すなわち、誤診は最も一般的な医療過誤の1つなのです。

出典:Wrong Diagnosis

2006年01月21日

肝内性肝静脈閉塞症の概要

幹細胞移植等で使用される化学療法や放射線療法は、血管壁の細胞を傷害してVODを引き起こすことがあります。

VODは肝臓の小静脈が閉塞する病態であり、小静脈の閉塞が肝細胞の破壊へと繋がっていきます。SCTを受けるおよそ20%がVODを発現し、そのうち1/3は多臓器障害(重症VOD)を発現します。

重症VOD患者の80%近くは3ヶ月以内に死亡します。現在VODの治療法は存在しません。

出典:Gentium社 小児の骨髄と幹細胞移植(SCT)に伴う合併症・肝内性肝静脈閉塞症(VOD)の予防作用の検証を目的としたDefibrotideのランダム化第2/3相試験を開始

2006年01月19日

ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の患者数

世界で、毎年およそ1000万人が心臓発作を患っています。

アメリカ国内だけで、毎年50万人がSTEMIを発現しています。この数は、アメリカでの全心臓発作のおよそ1/3に相当します。

出典:Sanofi-aventis社とBristol-Myers Squibb社 抗血小板薬・PLAVIX (clopidogrel bisulfate) の適応追加申請がアメリカFDAに受理された

2006年01月14日

糖尿病にかかる医療費

WHOによると、全世界でおよそ1億9400万人が糖尿病に罹患しています。

糖尿病の発病率は上昇しており、2030年までには糖尿病の患者数は2倍に増えると予想されています。

全世界で糖尿病の直接の医療に費やされるコストは実に2860億ドルにのぼります。

出典:Pfizer社 吸入型インスリン・Exuberaの全世界での独占権利をsanofi-aventis社から130億ドルで買い取る

HIVもHCVも感染している患者の割合

全世界で、HIV感染患者のおよそ1/3、すなわち1000万人がC型肝炎ウイルスにも感染しています。

先進国において、C型肝炎肝硬変が原因でおきる肝疾患は、HIV感染患者における主要な病的状態・死因となっています。さらに、C型肝炎ウイルスはHIV感染の進行を悪化させることが示されています。

出典:Schering-Plough社 HIVにも感染しているC型肝炎肝硬変患者を対象にした低用量PEG-INTRON (peginterferon alfa-2b) 単独療法の大規模臨床試験を開始

2006年01月12日

嚢胞性線維症患者における膵機能不全

今日のアメリカで、嚢胞性線維症患者の90%が膵機能不全を患っており、これらの患者の平均寿命は30代の初期です。

一方膵機能不全を患っていない嚢胞性線維症患者の平均寿命はおよそ50歳です。

アメリカ人の31人に1人、すなわち1000万人以上が嚢胞性線維症遺伝子に欠陥を有することを知らないまますごしていると推定されています。

出典:Altus社 一株あたり14-16ドルで600万株を発行してIPOを計画

2006年01月06日

アメリカでの口腔癌の発現率とリスクファクター

アメリカでは、1時間に1人が口腔癌で死亡しています。

American Dental Associationが公開した統計によると、アメリカでは毎年3万人以上が口腔癌と診断されています。口腔癌と診断された患者のおよそ50%は5年以内に死亡します。というのも、口腔癌のおよそ70%は後期ステージで診断されるからです。しかしながら、早期に発見できれば、5年の生存率は80%となります。口腔癌患者の25%以上は誘発リスクファクターを有していないという結果となっています。一方口腔癌のリスクファクターとしては以下のようなものが知られています。

・40歳以上
・10年以内に喫煙または噛みタバコの経験がある
・毎日1杯以上のアルコールを飲んでいる。

出典:Zila社 口腔癌検出薬・OraTestの第3相試験で最初の患者が組み入れられた

2006年01月04日

慢性B型肝炎の患者数

慢性B型肝炎は、HIVよりも感染力が50-100倍強いB型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされます。

慢性B型肝炎の全世界での患者数はおよそ3億5000万人で、全世界での死因の10番目に位置します。B型肝炎は肝癌に発展することが多く、肝癌のおよそ80%はB型肝炎が原因となっています。毎年およそ120万人がB型肝炎由来の慢性肝疾患で死亡しています。

出典:Idenix社とNovartis社 慢性B型肝炎の治療薬としてtelbivudine 600mgをアメリカFDAに承認申請