« 嚢胞性線維症患者における膵機能不全 | メイン | 糖尿病にかかる医療費 »

HIVもHCVも感染している患者の割合

全世界で、HIV感染患者のおよそ1/3、すなわち1000万人がC型肝炎ウイルスにも感染しています。

先進国において、C型肝炎肝硬変が原因でおきる肝疾患は、HIV感染患者における主要な病的状態・死因となっています。さらに、C型肝炎ウイルスはHIV感染の進行を悪化させることが示されています。

出典:Schering-Plough社 HIVにも感染しているC型肝炎肝硬変患者を対象にした低用量PEG-INTRON (peginterferon alfa-2b) 単独療法の大規模臨床試験を開始

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/279

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)