« ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の患者数 | メイン | 誤診 »

肝内性肝静脈閉塞症の概要

幹細胞移植等で使用される化学療法や放射線療法は、血管壁の細胞を傷害してVODを引き起こすことがあります。

VODは肝臓の小静脈が閉塞する病態であり、小静脈の閉塞が肝細胞の破壊へと繋がっていきます。SCTを受けるおよそ20%がVODを発現し、そのうち1/3は多臓器障害(重症VOD)を発現します。

重症VOD患者の80%近くは3ヶ月以内に死亡します。現在VODの治療法は存在しません。

出典:Gentium社 小児の骨髄と幹細胞移植(SCT)に伴う合併症・肝内性肝静脈閉塞症(VOD)の予防作用の検証を目的としたDefibrotideのランダム化第2/3相試験を開始

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/282

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)