« T細胞リンパ腫 | メイン | 院内バクテリア感染のマーケット »

個人、症状に応じた片頭痛の治療

280万人ものアメリカ人が片頭痛を患っていると推定されています。片頭痛は個人差がありますし、発作毎に様相が異なります。したがって、それぞれの片頭痛発作に応じた治療が求められています。

多くの患者に経口治療が有効ですが、注射剤などの経口以外の薬剤が適切となる特定のタイプの片頭痛発作が存在します。それは以下のような片頭痛発作です。

・朝に起きる片頭痛。起きたときには既に中等度から重度の頭痛がしている。片頭痛発作のおよそ48%は朝の4-9時に出現しています。

・悪心・嘔吐を伴う片頭痛。およそ92%の患者が片頭痛発作において1回以上悪心を経験しており、68%が嘔吐を経験している。

・急速に悪化する片頭痛。

出典:GlaxoSmithKline社 片頭痛治療薬・Imitrex注射剤の新規剤形がアメリカFDAに承認された

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/293

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)