« AAアミロイドーシス | メイン | 疼痛の世界マーケットと癌性疼痛のマーケット規模 »

超低体重幼児の感染症

United States Census Bureauによると、1250g未満で誕生した赤ちゃんは2001年におよそ43,000人いました。

これらの幼児は特に院内感染しやすくなっています。

これまでの研究で、新生児集中治療中に、超低体重幼児の30-50%が1回以上の感染を経験することが示されています。

これらの超低体重幼児の病院入院期間はおよそ2ヶ月です。

出典:Inhibitex社 超低体重幼児の感染予防薬・VeronateのアメリカFDAへの承認申請を開始した

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/298

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)