« 癌とアルコール | メイン | 個人、症状に応じた片頭痛の治療 »

T細胞リンパ腫

T細胞リンパ腫は非ホジキンリンパ腫の一種であり、悪性Tリンパ球が原因で発現します。

アメリカで非ホジキンリンパ腫と診断された患者のうち、およそ15%がT細胞リンパ腫で構成されています。

皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)はゆっくりと増殖する癌です。悪性T細胞は皮膚にひきつけられ、そこに蓄積することが知られています。CTCLと診断される患者の多くは50歳以上です。アメリカで毎年1500人が新たにCTCLと診断され、2万人近いCTCL患者が存在すると推定されています。

末梢性T細胞リンパ腫とその他のT細胞非ホジキンリンパ腫には悪性Tリンパ球が関与しており、より侵襲的となる傾向があります。アメリカで毎年およそ5000人が末梢性T細胞リンパ腫やその他のT細胞非ホジキンリンパ腫と新たに診断されています。

出典:CuraGen社とTopoTarget社 皮膚T細胞リンパ腫、末梢性T細胞リンパ腫、その他のT細胞非ホジキンリンパ腫を対象にした第2相試験でPXD101の投薬を開始

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/292

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)