« カナダでの過敏症患者数 | メイン

アメリカでの小細胞肺癌

American Cancer Societyによると、アメリカで2006年に肺癌で死亡する患者はおよそ16万人、新たに肺癌と診断される患者は17万4000人と推定されています。

小細胞肺癌は肺癌全体のおよそ16%を占めます。アメリカでおよそ34,000人が小細胞肺癌を患い、毎年およそ29,000人が新たに小細胞肺癌と診断されています。

小細胞肺癌の主な原因は喫煙です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/304

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)