メイン

2005年10月25日

アメリカでの卵巣癌

卵巣癌は婦人科癌の中で最も致死性が高い癌で、アメリカでの女性において、癌に関連した死因として5番目に多くなっています。アメリカで毎年25,400件の新たな卵巣癌が発現しており、この病気のせいで毎年14,300人が死亡しています。

出典:Marshall Edwards社 卵巣癌・子宮頸癌・膣癌を対象にしたPhenoxodiolの試験で良好な結果が得られた