メイン

2005年10月27日

骨髄異形成症候群(MDS)のヨーロッパでの患者数

骨髄異形成症候群(MDS)は血液の悪性疾患で、ヨーロッパ全土でおよそ67,000人がこの病気に罹患していると推定されています。MDSに関連した最も一般的な臨床症状は慢性の抵抗性貧血で、頻繁な輸血に伴う複数の合併症も多くなっています。

出典:Celgene社 REVLIMID (lenalidomide) の承認申請が欧州医薬品審査庁 (EMEA) に受理された(Free)