メイン

2005年11月01日

急性リンパ性白血病の2005年の発現数

2005年中にアメリカでは新たに35,000件の白血病が発現すると予想されています。そのうち4000件が急性リンパ性白血病(ALL)と推定されています。ALL患者の多くは小児ですが、新規発症の1/3は大人に起きると推定されています。

出典:Enzon社 抗癌剤候補・ONCASPAR (pegaspargase) に関するsanofi-aventis社との提携内容を変更

2005年10月29日

T細胞急性リンパ性白血病とT細胞リンパ性白血病のアメリカでの発現率

アメリカでは毎年1600人がT細胞急性リンパ性白血病またはT細胞リンパ性白血病と診断されています。T細胞急性リンパ性白血病またはT細胞リンパ性白血病のうち、再発または治療抵抗性を示す患者集団が存在します。これらの患者集団の標準療法は存在せず、したがって予後もよくありません。

出典:GlaxoSmithKline社 難治性のT細胞急性リンパ性白血病とT細胞リンパ性白血病の治療薬としてARRANON (nelarabine) がアメリカFDAに承認された