メイン

2005年11月09日

加齢黄斑変性症患者(AMD)の数

AMDは視力低下の主な原因の一つで、60歳以上の高齢者の失明の主要原因となっています。National Eye Instituteによると、アメリカで160万人っがAMDを患っていると推定されています。またAMDの発現は増加傾向にあり、AMDの患者数は2020年までには295万人に達すると見込まれています。

出典:Genentech社 滲出型加齢黄斑変性症患者を対象にした第3相試験でverteporfin (Visudyne) 光線力学療法を上回るLucentis (ranibizumab) の効果が確認できた