メイン

2005年12月14日

多発性骨髄腫の発現数

多発性骨髄腫は2番目に多い血液癌です。平均発症年齢は65-70歳であり、高齢者に多い疾患ですが、最近はより若年での発症例が増えてきています。アメリカでは、45,000-50,000人以上が多発性骨髄腫を患っており、毎年新たに15,000人以上が多発性骨髄腫と診断されています。世界では毎年74,000人が多発性骨髄腫を患い、毎年45,000人以上が多発性骨髄腫でが死亡しています。

出典:Millennium社 未治療多発性骨髄腫患者を対象にしたVELCADEの臨床試験で良好な結果が得られた